早漏お助け

早漏予防にはジャムウよりもダポキセチンがおすすめ

インドネシアで古来から使用されている民間伝承薬で、インドネシアに原産するハーブなどが使用されているものにジャムウがあります。ジャムウが使用されている精力剤なども開発されていて、通販サイトなどで販売が行われています。ジャムウの精力剤としてはジェルタイプや、クリーム、スプレータイプなどいくつかの種類のものがあります。ジャムウでは改善できない早漏などの症状で悩んでいるときには、早漏予防効果のあるダポキセチンが配合されている医薬品を服用する方法がおすすめです。早漏防止をしたいときには、麻酔剤を亀頭に塗る方法や、厚いコンドームを使うことが主流の対策法でしたが、現在では医学的に早漏防止の効果がある成分としてダポキセチンが認められています。ダポキセチンは有効性があると認められている、唯一の早漏防止薬で、セロトニンに作用する医薬品となります。ダポキセチンはSSRIの1種となりますが、他のSSRIと比較したときに射精を遅らせる作用があることがわかっています。世界中の様々な国で承認を受けている医薬品で、即効性のあることや服用することで、脳内のセロトニン量が増えますので、交感神経を静めることで射精を遅らせることができます。ダポキセチンは服用してから1時間ほどで効果を感じることが可能となり、持続時間としては5時間ほどあると考えられています。ダポキセチンを服用する早漏防止の方法は、従来までの性行為における快感を制限する方法とは全く違い特徴のものとなります。ダポキセチンには挿入感などの快感を制限する作用はありませんので、感度を落とすことなく、射精の到達時間を長くすることが可能です。早漏の人には勃起力の低下も併発している人が多いために、開発されている医薬品には、早漏防止とED治療の両方の改善効果があるものが多くなっています。

ページトップへ