早漏お助け

ダポキセチン成分とプリリジーで剥き入れでも問題解決

男女の営みのひとつとして、性行為がありますが、それぞれ男性及び女性特有の悩みというのが存在します。
男性の悩みとしては、剥き入れの敏感な状態で意図せずすぐに精通してしまう、いわゆる早漏があります。

早漏は自分ではなかなかコントロールしにくいものであるため、プリリジーなどの早漏症治療薬を利用する男性が多いとされています。
プリリジーは、性行為の1時間前に水といっしょに1錠服用することで、性行為の際の異常な興奮を抑えることにより射精までの時間を延ばしたりある程度コントロールできるようになる薬です。 性におおらかな北欧やヨーロッパの各国などでは正式に治療薬として認可されており、早漏対策の一環としてみなされています。

他にも早漏防止を促す薬は多く出回っており、その薬には有効成分ダポキセチンが入っています。
ダポキセチンは、ノルアドレナリンを抑えるという効果があります。 
ノルアドレナリンは、早漏などで悩みをもつ人が性行為に入る前に不安を抱くことで大量に分泌され、それによって副交感神経が刺激され、短時間での射精を促してしまうという連鎖につながります。
ダポキセチンは脳内のセロトニンという物質を増やし、快感に対する脳の反応を鈍らせることで、性行為による異常な興奮からくる短時間での射精を防止する効果もあります。 
この効果に寄って、早漏による性行為中の不快なムードを無くすだけでなく、持続力が上がり、より男女の営みを楽しむことができるということで、世界中から注目されています。

プリリジーなどの早漏治療薬は顕著な副作用などはありませんが、お酒との併用は禁止されています。
また、服用後24時間以内に、同じ薬を服用するのは避けるようにしましょう。

ページトップへ