早漏お助け

ダポキセチンが効く病気とは?不安を抑える効果も

早漏の改善に高い効果を持つとして知られているダポキセチンですが、じつは他の病気にもその効果を発揮します。ダポキセチンは、脳内のセロトニンを増加させることにより、緊張や興奮を緩和する働きを持つ成分です。早漏の原因の一つとして、興奮が強すぎるなどの心理的な要因があり、ダポキセチンはそれを緩和し改善することで、射精を遅らせることができます。この効果が、うつ病などの症状にも、良い影響をもたらすのです。
実は、もともとダポキセチンはうつ病の改善のために開発された薬でした。不安や緊張などをしずめてくれる薬ですから、うつ状態を緩和する効果があるのです。開発当初はうつ病の人に処方されていたものであり、その過程において早漏への効果も認められたのです。実際に服用していた患者から、「射精が遅くなった」という報告があり、その後早漏の薬としても研究されるようになったのでした。
ダポキセチンによって脳内のセロトニンが増加すると、緊張がほぐれ、リラックスした状態になることができます。脳の興奮と緊張がしずまることで、性的な衝動も抑制され、結果として射精のコントロールが可能となるのです。
早漏の問題に悩んでいると、性行為にあたる際、より一層緊張してしまうこともあるでしょう。失敗を恐れる気持ちが、心と体をこわばらせてしまい、さらなる失敗を招いてしまうのです。ダポキセチンはそうした緊張をほぐしてくれる薬であり、その効果には即効性があるといわれています。薬を上手に利用することで、成功体験を重ねれば、やがて緊張しにくい状態となっていくでしょう。実際、ダポキセチンは長く継続して使用していくことで、より一層効果が高まるという報告もあります。

ページトップへ