早漏お助け

ダポキセチンと脳の働き

男性の悩みとして早漏があり、早漏の症状を持っている人は性行為に自信が持てないなどの影響が現れます。
医学的に早漏治療の効果があると認められている成分に、ダポキセチンというものがあり、元々はうつ病の治療薬として開発されていたものとなります。
早漏は亀頭の敏感さが原因と考えられていた時期もありましたが、現在では脳と関係があると考えられています。
射精はノルアドレナリンが増えることで起きる現象で、脳内にはノルアドレナリンを抑制するための神経伝達物質としてセロトニンがあります。
セロトニンの脳内における分泌量が減ったときに、ノルアドレナリンを抑制できなくなるために、早く射精してしまうことに繋がります。
ダポキセチンはセロトニン再取り込み阻害薬であるSSRIに該当する医薬品で、脳内のセロトニンの再吸収を阻害する働きがあり、それによってセロトニンの量を増やすことができますので、ノルアドレナリンの分泌を抑制できます。
ノルアドレナリンを抑制できることで、射精時間を延長させることが可能となるために、早漏治療薬としての効果があります。
適宜ダポキセチンを服用することによって、射精時間が段々と延びていくことも知られています。
ダポキセチンを配合している早漏治療薬としてプリリジーが開発されており、日本の医療機関の中にも処方を行っているところがあります。
プリリジーはED治療薬と併用して服用することもできますので、早漏に加えてEDを併発させている人は両方の改善効果のある医薬品を服用することで、治療を図ることが可能となっています。
海外の医薬品の中には、ED治療薬に配合されている成分とダポキセチンの両方が含まれている種類のものも販売されています。

ダポキセチンと興奮抑制

ダポキセチン薬は発売されて以降、その効果の高さが評価され瞬く間に世界中に広がりました。
ヨーロッパをはじめとする各国で認可を受け、早漏の画期的な治療薬として、多くの人に愛用されています。
日本国内でも、クリニックなどで処方されるようになり、早漏に悩む男性の心強い味方となっています。
ダポキセチンはなぜそれほど、早漏に対して効果をもたらすことができるのでしょうか。その理由は、脳内のとある物質と関係しているのです。
人の脳は、様々なホルモンや神経物質を分泌し、心と体は常にその影響を受け続けています。
神経と精神に関わる代表的な脳内物質として、アドレナリンというものが存在し、これは興奮と緊張を司るといわれています。
早漏になってしまう原因の一つとして、心理的な緊張・興奮が挙げられますが、それを引き起こしているのが、このアドレナリンとされています。
アドレナリンが過剰に分泌されることにより、精神的な余裕がなくなってしまい、射精を早めてしまうといわれているのです。
このアドレナリンと正反対の働きをするのが、セロトニンと呼ばれる物質であり、これも脳内で分泌が可能です。
このセロトニンの分泌を助けることで、アドレナリンを抑制し、精神的な落ち着きを取り戻すことができます。
ダポキセチンにはセロトニンの分泌を促進する効果があり、心理的な原因からくる早漏を改善することができるのです。
もともと、ダポキセチンが開発された経緯は、うつ病治療薬としての効果を期待されていました。
しかし、実際に服用した患者から射精が遅くなったという報告があり、その後早漏改善薬として研究が進んだのです。
心のバランスを整えることで、興奮を抑制し射精のコントロールを得る、それがダポキセチンの優れた効果の秘密なのです。

ダポキセチンが含まれる薬とは

ダポキセチンとは主に早漏治療薬に使用されている成分であり、現在では早漏治療薬であるプリリジーの主要成分として注目されている成分になります。
早漏とは膣内挿入前、挿入直後、挿入後に意図せず射精してしまう、男性特有の症状のことであり、主に挿入後、30秒から2分以内で意図せず射精してしまう状態が早漏とされ、悩む男性も多く存在するとされています。
早漏は肉体的な不調、肉体の個人的な性質によっても引き起こされますが、心的な不調も要因とされており、ストレスやパートナーとの人間関係への悩みなどによっても、引き起こされるとされています。
そのために原因が特定されにくく、治療は専門医の判断を仰ぎ、行わなければならない場合が多くあります。
そうした場合、早漏治療薬の使用も、早漏の改善のための一つの方法となっています。
その早漏治療薬の主たる医薬品がプリリジーであり、プリリジーに用いられている成分が、ダポキセチンになっています。ダポキセチンは元々、抗うつ剤に使用された経緯のある成分になっています。
その際、抗うつ剤を使用した患者から射精が遅くなった、という声があったために、早漏改善の効果があることが発見され、早漏治療薬の成分として、使用されることになりました。
ダポキセチンは、興奮を鎮める作用のあるセロトニンの分泌をうながし、興奮状態を抑える効果があります。
セロトニンが分泌されることで、過剰な興奮が抑制され、そのために射精が遅れるというメカニズムになっています。
ダポキセチンを用いた治療薬には有効性があり、早漏がある程度改善されるといわれています。
製薬会社による臨床実験によればほとんどの男性に効果が見られたということもあり、ダポキセチンを用いた治療薬は、早漏改善の有効的な方法として、世界中で認められたものとなっています。

ページトップへ